1118




so

横16センチ 縦23センチ

キャンパスにアクリル


***


昔、夜の水辺の絵を描きました。それは月光の白が金を隠し水辺を生き物のように漂う様子を絵にしたものでした。私はそこに大切な事を教えてくれたある人との守れぬ約束を託し、手放す事にしました。


1118はその約束から未来を示すものです。


絵を描くこと、絵を好きでい続ける事で約束に、自分に、この先に未来を築く事ができるなら


そう思いながら絵を描きました。


そして同時にある事をこの絵に吹き込みました。


私は普段こんなに穏やかな絵を描きそうもない身なりをしています。


そんな姿に普通誰もが内面に気付く事はありません。違う姿の時もある事、本当は人目を恐れている事、真面目に考えている事、本当は笑っていない事、本当は笑いたい事。


本当の事は誰も気付きません。


しかしある人がこう言いました。


"大切な事は目に見えない"と


"単純な言葉だけどとても大切な事で何よりも難しい"と


そう教えてくれました。


自分も教わった事だとその人は遠慮がちに言いました。でもその単純な言葉は多くの悩みを抱え、灰のようだった者を変える程の力を持って既にその人の言葉になっていました。


私はその言葉に救われ、学びました。それから先の物事全てが奥深く意味があるように感じました。


この人のように気付く人がいる事、気付ける自分がいる事、この涙、笑顔、行動全ての先に目に見えない大切な事があるのだとあらゆる事がこの言葉によって変わり始め視界を広くしました。


あの人がこの言葉を自分のものにしたように私も絵によって自分のものにしたい。そう思い、この絵にある事、"大切な事は目に見えない"を吹き込む事にしました。


この事柄や思いを表現するべく


見えない奥深さの為に私がした事は、


月光の絵では隠れていた金や銀等の色を多く使い、塗った後コーティングをし、その上からまた塗り重ね、またそれを繰り返すという作業です。


見えないとしても塗る


これが目に見えない大切な事の1つです。


そしてもう1つ、この絵を描く前にある文章を隠し、その上から絵をのせました。その文章については敢えてこのテーマのために公開しないでおくことにします。


私は大切な事は目に見えないという事を絵にするという矛盾に対し自分のものにするべく筆をとりました。それを成り立たせるには見る人の目が想像が必要不可欠だと思いました。


その為にもこの絵を見た人には""大切な事は目に見えない""それを想像し、感じてもらえたら私にとってどんなに有意義な事だろうかと思います。




この絵を約束の絵が知るその日まで


<作者からのメッセージ>




この作品のオークションへ



作品一覧に戻る

Copyright © Mobaoku Corporation. All Rights Reserved.